スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

RUSH BALL 2008 [8/31]

すんごい日が空いてしまったので1日目からお読みください。

昨日と違って起きたら素晴らしく晴れてたのでさらにテンションが上がる。
この日は昨日行った友達2人のうち1人が交代で来る。
昨日来たのが友達AとBとしたら今日来るのは友達AとCみたいな感じで。
でBとCのチケットは1日券2枚買うより2日通し券で買った方が安かったので
勿論後者を買ってた。1日目Bが使って2日目Cが使う予定だった。
んで昨日のオープニングアクトに間に合わなかった反省を踏まえ
少し早く集合して会場に着く。
すると入場口のところで
「2日通し券はチケットとリストバンド両方が無いと入れません」
・・・
・・・・
・・・・・
・・・・・・・・え?
頭が真っ白になった。


昨日リストバンドを外してきたせいで観れなくなる。
友達Cはもちろんリストバンド持ってすらないので入れない。
その場で当日券を買うことも出来るが、6500円とか今更払う気もない。
ちなみに友達Aはバス乗ってるときに外したんだけど
入場口で言われて付け直して一人入ってった。
ホントに焦って何も考えられんくなって唯一浮かんだのは
もっかい帰ってリストバンド取ってきてまた来るという案。
というかそれしかなかった。
そういうわけで片道1時間かけて来た道のりをまた戻り
リストバンドを付けまた1時間かけて何とか入ることができた。
真面目に友達Cには申し訳ないことをした。ほんとにごめん。

そんなこんながあって最初4バンドぐらい全く観れず。
ASPARAGUS観たかったけど頭からフツーに飛んでたな。
ジンが始まったぐらいで入って、この辺は観たいのもなかったので
物販をまわってたりATMCでROCK'A'TRENCHを聴きながら座ってた。
FIRE BALLが始まったときにボーカルがMO'SOMEが始まったと勘違いして
MO'SOME聴こうって言って演奏を止め
FIRE BALLって分かったときにじゃあいいやって言って演奏始めたのはウケた。

ここから怒涛の勢いで観るバンドが連続。
hare-brained unityは去年も観て凄く爽快感があったのを憶えているが
the band apartと時間帯が同じだったため途中で抜けて最後まで観れなかったので
今回は最後まで観ることができてよかった。
1曲目のDaylightから布谷のクリアに力強い声が響く。
中盤に演奏した新曲ではBaの和田がPCを使っていて驚いた。
どんどん進化していくなあホント。
最後のスターライトまでどの曲もキラキラ輝いてました。

次のMASS OF THE FERMENTING DREGS。
サウンドチェックの時点でギターがジャガーだーとか無駄に親近感をおぼえていると
ベースからギターからものすごい轟音が。
そしてサウンドチェック後SEもなくそのまま始まったライブ。
最初の音から全てがはじけ飛んでた。
激しく止まらないドラム。ギターさながらの弾き方で唸りを上げるベース。耳を劈くようなギター。
そこにBa宮本の混沌に溶け込む声。
エネルギーを感じずにいられなかった。それも膨大な。
この後しばらくしてRUSH BALL内のタワレコでCD見てたんだけど
マスドレのCDに裏ベストアクト!ってポップが貼ってあった。思わず笑った。
最後の1曲では真っ昼間のATMCにも関わらずモッシュが起きた。
最後の最後までほんとに衝撃的なライブだった。言葉にならない凄さ。

続いてLITE。こん時もSEなかったのかな。
完全にインストしかやらないバンドってのは今回LITEしかなかったんだけど
よくもまあここまで音を作れるよな。
どのパートも変則的なフレーズを難なくこなし
その上全ての音が重なって一つの形を成す。
とてもタイトかつ躍動感溢れるグルーヴ。
そして曲の展開が壮大かつエモーショナルで思わず棒立ちで見惚れてた。
音だけでここまで世界を映し出せることが素晴らしい。

メインステージが3組続くのでに移動するとゆらゆら帝国が。
最後のほうしか観れなかったけどすんごい長いギターソロやってて
凄くインパクトがあった。ソロ後轟音が一瞬で静寂に変わって。
一昨年出たときも印象深くて聴いてみようと思ったんだけど
結局今の今まで聴かずじまいだったな。今度聴いてみよう。

この日のピークその1。ACIDMAN。
SEはLife(the beginning)って思ってたのにroom NO.138。いきなり不意つかれた。
フィードバックから入ってworld symphony。
のっけから飛び回ってサビでは大合唱。
続いてストロマトライト、FREE STARとLifeの流れに繋がり、
少々MCが入った後に赤橙。まあフェスだからくるだろうなとは思ってたけど
やっぱり良いないつ見ても。時間帯が夕方だったのも丁度良く
穏やかな空間が漂う。
その後にきたのがある証明。速い速い。
サビの開放感に鳥肌立った。
ある証明の疾走感そのままに、繋いで飛光が始まる。
オーディエンスの勢いもすごく、モッシュダイブが頻繁に発生。
そして最後はTO THE WORLD'S ENDで締める。
あれだけ飛び回っていたオーディエンスが
この曲では全員が静かにただ聴いていた。
こういった全く対極にある空気をどちらも作り出せるバンドはホントに素晴らしい。

ピークその2。待ちに待ったBOOM BOOM SATELLITES。
ライブを今まで実際に観た事がなかったので楽しみにしていた。
どうやって始まんのかなと思ったら
1曲目から音源では未発表のDig The New Breed。
この時から別の世界にいたような心地だった。
BOOM BOOM SATELLITESの楽曲は電子楽器を多用するが
それなのにとても芯が太くてロックで動き出さずにはいられなかった。
続いてリフがインパクト抜群のEASY ACTION、
打ち込みのビートが疾走するMORNING AFTER、
ミドルテンポでダンサンブルなINTERGALACTICと
MCも一切無く間髪入れず楽曲が続く。
川島と中野が2人でフライングVを弾いている姿も印象的だった。
どの曲も原曲よりも少しアレンジが加わっていて
特にINTERGALACTICは個人的に観たかったので踊っていた。
そして最後はキラーチューン。KICK IT OUT。
とどまるところを知らず最後の最後まで休むことなく踊り続けていた。
とてつもない高揚感に包まれたままストレイテナーにバトンが渡る。

ピークその3。ストレイテナー。
BOOM BOOM SATELLITESで上がった気持ちを抑えられないままで
はじめから飛ばしてくるのかなと思ってたら
SIX DAY WONDERからスタート。いきなりしっとりした。涼しささえ感じさせるほどに。
頭から良い意味で裏切ってくれた。
続いて今や定番となったDISCOGRAPHY、TRAVELING GARGOYLEの
アップチューンが矢継ぎ早に繰り出される。
この辺からすでにダイブが起きてた。
ホリエのなんだか途中言葉に詰まったMCが入った後、
白のP-90を積んだSGに持ち替えて演奏されたBERSERKER TUNE。
ストラトを使ってた時期もあったが、やっぱりホリエはSGが似合う。
そしてひなっちはベースじゃない音を出している。ギターソロさながら。
スティック折れんじゃないかってぐらいに力強く叩くシンペイの姿もアツイ。
狂気を剥き出しにしたようなBERSERKER TUNEが終わると、
すぐにKILLER TUNEが放たれる。名前のごとくホントキラーチューン。飛びすぎ。
ライブで楽曲がここまで進化するバンドもそう無いよな。
MCが入り今度は言いたいことちゃんと言えたホリエが
再び鍵盤の前に座りMARCHを弾き始める。
このシーンは1日の中でベストだったかもしれない。泣きそうだった。
全てが静まりストレイテナーの音を聴いていた。
これで締めるのか・・・若干少ないかななんて勝手に思ってたら
SGを再度持ってアルペジオを弾くと、そこから
ROCKSTEADY、TRAINと新旧のドライブチューンで吹っ飛ぶ。
そして最後はまさかのYES,SIR。オーディエンスが暴れまわってた。
してやられた気分でした。くそうやっぱ最高。

友達Aがスカパラ観たら帰るってんでATMCでボーっとsleepy.abを観てると
なんだこれすごいエモーショナル。良い。
メインステージで飛び回って少し疲れたのもあったかもしれんけど
心にスッと溶け込んでいくようなVoの声に癒された。
もっとじっくり聴いてみたいな。最初から観たかった。

どうせだから最後まで観てしまえってことで
友達Aとさよならした後ATMCに突っ込んでサカナクションを観た。
つっても隅っこのほうでのんびり観てたんだけどね。
でも若干後悔した。前に行かなかったことに。
遠くで観てても物凄く楽しかった。
インナーワールド、三日月サンセットから始まり
前のほうを見てるとオーディエンスのノリはメインステージさながら。
音源聴く限りじゃ割と大人しめかと思ってたのに
実際観たら全然そんなことなくてむしろアップチューンで
ホント前行って飛びたかった。楽しかったろうなー。くそう
で途中ベースの音が出ないっていうトラブルに見舞われながらも
この時間だけ長くいることが出来てうれしいみたいな
ポジティブなMCをVoがしてくれたのも面白かった。
最後のナイトフィッシングイズグッドは圧巻だったな。
全員が合唱する部分なんてホントにしびれた。

なんだかんだあったけど今年もこれ以上ないくらい楽しかった。
観たかったアーティスト、これからまた観たいアーティストも色々増えたし。
というか結局2日目書くまで1ヶ月も空いてしまったこと、
もしこれ見てる方いたなら申し訳ないです。
来年は自分がどうなってるのか皆目見当もつかないけど
やっぱり行ってるだろうな。RUSH BALL好きです。

スポンサーサイト

2008.09.30 | Comments(0) | Trackback(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

artifact

  • Author:artifact
  • mail/artificial_impatience at hotmail.com
    at→@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。